toushpad.jpg

HPのWebOS搭載タブレットPC「TouchPad」が北米でバカ売れしているようです

HPタブレットPCのWebOSデバイスから撤退を表明し、在庫処分の為「TouchPad」の値段を大幅値下げを実施

16GBモデルを99ドル(7600円)、32GBを149ドル(11400円)で販売した所、Amazon、ベストバイなどの主要なネット通販サイトでは相次いで完売、先週末だけで30万台以上販売されたとのこと。

HPもあまりの人気に驚いていようで「WebOSソフトウェアは引き続き主力プラットフォーム事業として継続するだろうと」コメントし、今回の撤退はデバイスからの撤退でありWebOS自体は続けることをアピールしています

購入者の評価も上々なようで今回のTouchPad投げ売りの反応次第でHPの「WebOS」戦略は大きく変わるかもしれません。


(○´・д・)ノすでにタブレット市場での新規参入が難しくなっていることがわかる現象です
つまり制限ありまくりのタブレットを5万で売ってる場合じゃないってことですシャープさん
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply