beer01.jpg

WiFiの受信状態を改善するためのWi-Fiブースターをビール缶で安価に作る方法を紹介します。

beer02.jpg
用意するもの
・状態の良い空の500mlビール缶
・ナイフまたはカッター
・アルミ缶を切れるはさみ
・粘着テープ

beer03.jpg
ビールの缶をきれいに洗います

beer04.jpg
缶のプルタブを外します

beer05.jpg
缶の底側をカッターで切り、取り外します

beer06.jpg
缶の上側は飲みくちあたりを残すように切り込みを入れます

beer07.jpg
飲みくちの反対側に当たる部分を直線にカット

beer08.jpg
切り口から開きます

beer09.jpg
ルータのアンテナ部分を缶の飲みくちに通すように設置、接着テープなどで固定で完了

これでWiFi感度の向上が可能とのこと

少し前にアルミホイルで無線LANの受信感度を上げる方法が話題になりましたけど、
アルミ缶なのでアルミホイルブースターと原理は同じなんでしょう

アルミホイルリフレクターは実際効果があったらしいので
無線LANの受信性能に不満のある方は試してみたらいかがでしょうか
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply