-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

toumei.jpg

MSNBCは米カリフォルニア大学バークレー校の研究チームがメタマテリアルを使用した透明マントの開発に成功したと報じました

バークレー校研究チームが開発した透明マントは幅0.000024インチ、高さ0.000012インチの物体を隠すことに成功したとのこと。これは赤血球と同じ位の大きさになります

今回の方法は物体を目に見えなくする幾つかの方法で最も制限が無い点が優れているとしています。
以前にも電磁界を利用して見えなくしたり、特定の条件下のみで物体を透明にする技術は存在しましたが
今回開発した技術は、どのような光の波長や角度でも見えなくすることができると報告しています。

透明マントの表面に特殊なパターンが刻まれた穴があいており、この穴が光の速度や角度を屈折させ、人に物体を認識できなくする原理だそうです。

研究者は透明マントを大きくすることは可能としながら、大きくするには相当な時間がかかると述べたそうです。

'Invisibility' cloak renders objects hidden to eye - Technology & science - Future of Technology - msnbc.com
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。