windows.jpg

Windows Phone7の最新バージョン「Mango」ではローエンドモデルが登場するかもしれません

現在のWindows Phone7のハードウェア要件は、
1Ghz以上のCPU、800x480以上のディスプレイ、256MB以上のメモリ、8GB以上のフラッシュメモリと
ミドルクラス以上のスペックが求められるためWindows Phone7搭載機は
低スペック、低コストモデルが発売されず要求スペックの高さがWindows Phone普及を阻害している原因の一つだと考えられています。

最新バージョンの「Mango」ではハードウェア要件を緩和し、低コストモデルが登場する見通しとのこと
特に、デザリング機能を除外すなど機能に差が出てくるようです。

Mango搭載機は9月~10月頃に世界市場に発売される予定です。

ちなみ日本のメーカーでは富士通が開発を表明しています、富士通曰く「Androidはオープンソースのためセキュリティー上、不安がる顧客がいるためセキュリティの観点からWindowsPhoneの需要があるとみている」だそうです

個人的にはシンプルケータイで長時間バッテリーとデザリングに対応したデザリングシンプル長時間バッテリーケータイが欲しいです。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply