tab03.jpg

サムスンが近々発売するタブレット端末「GalaxyTab」に世界初となる強化ガラス一体型タッチスクリーンを採用するようです。
また初代「GalaxyTab」の7インチより少し大きくなった7.3インチのGalaxyTabも近々発表するようです
サムスンは「GalaxyTab」シリーズに強化ガラス一体型のタッチスクリーン(G1F)を採用するもようでこれにより今まで二枚のITOフィルムを適用していたタッチスクリーンよりさらに薄型が可能になったとのこと。

このタッチスクリーンは今後発売されるGalaxyTab10.1GalaxyTab8.9に採用される予定で、さらに近々発表予定の7.3インチディスプレイ搭載のGalaxyTabにも搭載されるそうです。

サムスンはGalaxyTab10.1を医療、製造、流通などの産業用
GalaxyTab8.9をPC向けに、
GalaxyTab7.3(仮)を携帯向けにそれぞれマーケティングを展開していく予定だそうです。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply