-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nand01.jpg

アイサプライが発表した2010年NAND型フラッシュの市場シェアは、サムスン電子が39.2%で首位を維持、東芝が34.4%で2位となたそうです。

サムスン東芝のシェアは4.8%まで縮まっています。
サムスンは2005年に53.4%と圧倒的なシェアでしたが2006年に45.4%、2008年に42.1%と年々シェアが減少してきており、遂に40%を切った形になります。一方、東芝は2006年の26.1%、2008年の29.4%と年々シェアを高めてきています。

サムスンのHDD事業売却もNANDフラッシュ事業に注力するためなんでしょうねぇ
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。