applelogp.jpg

AppleInsiderが報じるところによると、Concord SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏から得た情報として、
iPhone5は8月に試作段階に入り9月に本格な大量生産に入ると報じています。

iPhone5の生産が遅れるのは日本の震災も影響しているとのこと。

またiPhone5ですがiPhone4から「わずかな変更」になるり主なセールスポイントは「iOS5」になるそうです。
iPhone5はA5プロセッサ、8Mpixカメラを搭載し、アンテナ設計が改良されるとのこと。

リリース予定は2012年上半期の予定。
また次々期モデルの「iPhone6」は新しいデザインと、大幅なハードウェア仕様変更が計画されているとのことです。

AppleInsider | Mass production of Apple's A5-, Qualcomm-powered iPhone 5 rumored for Sept.
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply