symbivsand.jpg


市場調査機関Gfkによりますと、
アジアにおいてアンドロイドOSがシンビアンOSを抜いてトップシェアのOSになったとのこと。

アジアにおいてシンビアンは今まで不動の一位だったが、2010年第3四半期にAndroidはアジアで460万台の端末を発売し、シンビアンを抜いたとのことです。

アンドロイドはすでに北米でもiOS、RIMなどを抜きトップになっています。

世界市場では2010年第3四半期のAndroidのスマートフォンは2050万台が売れ、シンビアンスマートフォンは2940万台が売れており、シンビアンはトップシェアですが、しかしアンドロイドの今の勢いからしてアンドロイドが世界市場でトップになるのは時間の問題とのことです。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply