MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

ウィルコム(ソフトバンク)中国方式のTD-LTE採用



td-lte01.jpg

産経新聞が報じるところによると、ソフトバンクが再生支援中のウィルコムの次世代通信規格に中国の通信方式を採用するとのこと。

ソフトバンク、中国方式PHS採用へ 支援のウィルコムが提供 - SankeiBiz(サンケイビズ)

記事中には具体的な通信方式は書かれていませんが、チャイナモバイルの次世代方式ということで「TD-LTE」だと思われます。

それにしても「中国方式PHS」ってややこしい書き方ですねえ、これじゃあ「TD-LTE」がPHSの上位規格みたいな印象になります。まあ同じ TDD規格なんで共通の部分もあるでしょうけど。

端末メーカーにはどんな影響がでますかね、まず中国メーカーの日本進出が加速しそうですね。おそらくデータ通信モデムとか音声通話に特化したローエンド端末などで日本進出してくる可能性は高いですね。

一方日本のメーカーはどうかと考えますと、TD-LTE採用によって日本のメーカーが欧米韓メーカーに比べて通信方式が同じという優位点ができたことが考え深いですね。

ただ通信方式が同じになれば海外進出が加速するっていう考え型はPDC時代によくいわれていましたが、第3世代で世界標準になった現状の日本メーカーのシェアを見てみれば通信方式が同じでことは海外進出の加速の要因にはなりそうも無いですね。
この機会を生かすかは結局のところメーカーのやる気次第なんでしょうね。

でも端末メーカーが動かなくてもキャリアが動く可能性はありますね。ソフトバンクとチャイナモバイルはJILの設立に関わっていますし、ソフトバンク(ウィルコム)とチャイナモバイルで端末の共同調達とかするかもしれません。

確実なのが日本で発売された端末が中国に流出すること。SIMロック解除と相まって中古市場、密輸市場は活発になるでしょう。密輸という形で日本メーカーが意図しないところで海外進出が勝手に進むわけです。
関連記事

カテゴリー:SoftBank

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。