MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

SHARP 2010年中国向けモデル その2 SH6230C SH6220C SH6228C



201008.jpg

その2
201001.jpg
続いてはどこかのプレゼン資料の直ドリっぽいもの。
写真からDylan、Natalie-g、Natalie、Bourne-s、Bourne-v、Bourne-iの6機種確認出来ます。

日本で発売された端末をベースにしてらしく日本発売のモデルとの関係は以下の通り
Dylan=AU SH002
Natalie-g=DoCoMo SH-06A
Bourne-s=SoftBank 936SH
Bourne-v=SoftBank 934SH
Bourne-v=SoftBank 934SH

Natalieは中国オリジナル?でしょうか。

スペックはパワポを見る限りすべて共通でWQVGA 2.9インチディスプレイ、5Mpixカメラ搭載、GSM対応となっているようです。
ディスプレイとカメラの性能は共通で基本コストを下げつつ、
太陽電池や、GPS、メモリー液晶搭載などでそれぞれ特徴を出す、という低コストと差別化とうまいことやってしまおうというシャープの戦略が感じられます。

また日経によるとシャープが今年中に中国向けに20機種前後投入すると記事なっているので、このパワポの信憑性は高いです。

シャープ、中国向け携帯の機種倍増 「高機能」を積極投入
ただし、この記事以前に中国ITニュースサイトで噂としてシャープが2010年に20機種投入すると報じられていますので、日経がそのニュースをもとに記事を書いたのかもしれませんが…

掲示板の反応を見る限り、シャープの低コストを目指した端末ということで毎度おなじみMTK採用かもしれないということで、相変わらず従来のシャープファンに評判はヨロシクないです。

ただ個人的に問題だと思っているのは、日本で発売されているハイエンドと同じデザインの携帯電話ながら液晶の性能が日本で発売されたものより低くなっているところ、
中国人が日本の端末メーカーを批判するときに度々見かけるのが「日本メーカーは日本で高機能の端末を低価格で販売しているのに、中国では低機能の端末を高価格で販売してる。なめとんか!」という書き込み、
もちろんこれはインセンティブという日本の特殊な販売方式をわかっていない故の発言ですが、今回の端末が日本では高機能で販売して、劣化版を中国で発売するのか、とネガティブにとられないかが心配なところです。

ちなみに正式な型番は今のところ判明してるだけで、”SH6230C””SH6220C””SH6228C”がほぼ確実です。
関連記事

カテゴリー:SHARP
テーマ:海外用携帯電話  ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

太字の文下線の文

  • |2010.01.04
  • |Mon
  • |10:44
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

呵呵呵 夏普该拿出更好的产品才行 而不是缩水版的 mtk系统不喜欢啊~~~
v-7

  • |2010.01.11
  • |Mon
  • |11:27
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。