今年最も人気を得たプログラミング言語は”C言語”であることが明らかになりました

市場調査会社tiobeが2014年プログラミング言語ランキンを発表しました
調査方法は検索エンジンのGoogle、Bing、Yahooを始め
Wikipedia、アマゾンYouTubeなどを介して検出されたプログラミング言語に関連する検索キーワードを分析したとのこと

その結果、1位はC(17.5%)、2位は、Java(14.9%)、3位はObjective-C(9.1%)、4位C++の(6.1%)、5位は、C#(4.3%)
となり上位をCとCをベースとした言語が総なめする形となりました

Javaは2位となりましたが去年と比べて大幅に下落したとしています、
またビックデータ関連の言語の「R」が去年の38位から今年12位(1.6%)と急騰したとしています
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply