MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

当初LANケーブル接続にはドライバーが必要だったけどジョブスが反対したらしい



01ether_rj45-cbl-l[1]

3Comの共同創立者であるビル·クロウ·ウッズは、あるインタビューで
イーサネットケーブルが今のコネクタ方式になったのはスティーブ・ジョブズの意見を参考にしたためをと明らかにしました。
当初のイーサネットケーブルは
昔のテレビのアンテナ線のようでドライバで線を緩める必要があったそうです。

その方式で4台のPCをセッティングしジョブズにデモを見せた時、ジョブスは
この接続方式は非常に弱く、電話回線のようにすぐ差し込みができるようにすべきだと主張したそうです

当時は誰もそのような考えを持っていなく、
ジョブスがユーザーエクスペリエンスに当時からこだわりを見せていたエピソードと紹介しています。
関連記事

カテゴリー:Technology
テーマ:ニュース  ジャンル:ニュース

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。