データ専門メディアスマートデータコレクティブが医療の分野で発生する様々なビックデータを紹介しています。


資料によると、人間が持つ遺伝子情報であるヒトゲノムを格納するためには3GBの容量が必要だとのこと。

他には3D CTスキャンデータは1GB、3D MRIは150MB、乳房X線撮影データは120MB、X線撮影データは30MBだとしています。


医療関係の画像データは毎年20~40%増加しており、2015年に米国の病院で生成されるデータは665TBに達する見通しとしています。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply