2012年第4四半期リチウム二時電池の世界シェアにおいて韓国のLG化学がパナソニックを抜いて2位になったようです。
これで1位のサムスンSDIに次いで韓国勢が1,2位を占める形になりました

SNEリサーチによると2012年第4四半期リチウム二時電池の世界出荷量は12億4400万セルで、
1位はサムスンSDIの2億8000万セルで市場シェア22.5%、2位はLG化学の2億500万セルでシェア16.5%、3位はパナソニックで1億7600万セル、4位がソニーが8600万セルとなっています。


サムスンSDIとLG化学はスマートフォンやタブレットを中心の生産構成にしたのがシェア拡大に貢献、
特にアップルiPadのリチウムポリマー二次電池はLG化学が37.6%を占めるとしています。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply