MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

3DTV、フィルムパターン方式がシャッターグラス方式を初めて上回る



ディスプレイサーチによると2012年第4四半期の3DTVパネル出荷台数において

偏光フィルムパターン(FPR)方式が51.6%の市場シェアを獲得し
アクティブシャッターグラス(SG)方式を初めて上まったとしています。

出荷台数はFPR方式が762万台で前年同期比135%増、SG方式が715万台で前年同期比56%増となっています


昨年の全世界薄型TV販売台数は1億7509台で3DTVは4145万台だったとしています。
関連記事

カテゴリー:Technology

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。