MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

日本のLTE速度が世界的に見ても低速なのが明らかに。原因はドコモの低速っぷり、日本最速はソフトバンク





OpenSignal - The State of LTE


英国のネットワークテストベンダーOpenSignalが世界LTE接続速度を比較した調査結果を発表しました。

広範囲なLTEネットワークを展開している国を条件に日本、アメリカ、香港、スェーデン、デンマーク、ドイツ、オーストラリ、韓国を比較。


結果、1位はLTEを初めて商用化したスウェーデンが22.1Mbpsと最も早く、日本は7.1Mbpsと調査国でもっとも遅いことが明らかになりました。



日本の調査キャリアの速度をみてみると
ソフトバンク16.2Mbps、KDDI14.8Mbpsに対しドコモが5.5Mbpsと他キャリアにくらべて圧倒的に低速なことも明らかになりました。
関連記事

カテゴリー:日本

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。