MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

30年前のスティーブジョブスが予想する未来



jobs01_20121004013325.jpg

Life,Liberty,and Techは1983年、IDCAで行われたスティーブジョブスの公演を録音したテープをデジタル化しSoundcloudにアップしたとのこと。


公演の気になるところは以下のとおり

・パーソナルコンピュータは新しい情報伝達の手段となるものであり、無線接続されたポータブルコンピュータが出来ればどこでも自分のメールを確認できるだろう
アップルの戦略は本サイズの優れたコンピュータでどこでも持ち運べるようにし20分で使用方を理解できる製品を作ることだ
・コンピュータは無線通信を通じ大規模なデータベースに接続するため有線を接続する必要は無くなるだろう
・コンピュータプログラムの購入は、今のオフライン店舗は適していない、プログラムはデジタルなので電話回線を通じて購入することができるようになるだろう。

また音声認識に関する質問に対しては以下のように答えています。
・まだ実現化するのは遠い、単純な音声認識で言葉を認識することは違う、言葉は文脈が重要だからだ


1983年といえばファミコンが販売開始された年、PCではPC-8001mkIIが出た年です
当時のスティーブジョブスは30年後をすでに予想していたようです。

The “Lost” Steve Jobs Speech from 1983; Foreshadowing Wireless Networking, the iPad, and the App Store


(○´・д・)ノさすがに電話がPCに取って代わる時代がくることは予想してなかったんだなぁ
関連記事

カテゴリー:Apple
テーマ:携帯&モバイル関連ニュース  ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。