galaxys301.jpg

韓国のetnewsでGalaxyS3に採用されているAMOLEDディスプレイの焼き付きについて実験を行なっていたのでご紹介


実験対象はHD Super AMOLEDパネルを搭載したGalaxyS3 LTEとAH-IPS LCDパネルを搭載したオプティマス LTE2。両者とも画面解像度は1280x720となっています。



テスト方法は白黒のタイルパターンを24時間画面に表示させるというもの、画面の明るさは最大に設定しているとのことです。

01[1]

結果は24時間経過後のGalaxyS3はホーム画面に戻ってもテスト用のタイル柄がうっすら画面に残ってしまっているとのこと、特に青を画面全体に表示させたときは明確に確認できるとしています。一方のIPS LCDパネルでは焼き付き確認できなかったとしています。

また焼き付きの起こったAMOLEDは電源を切って12時間後に再度確認してみても焼き付きは元に戻らなかったと報告しています。


これは自発光方式の有機ELは、発行する有機物質の寿命が決まっており時間が経つにつれ徐々に暗くなるたことが原因としています。現状は根本的な解決法はなくディスプレイの電源を小まめに切るなどして画素の延命を図るしか方法がないとしています。
関連記事

Comments 1

There are no comments yet.
-  

たった24時間で
(((((((( ;゚Д゚))))))))

2012/07/20 (Fri) 09:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply