nand01.jpg

調査会社IHSが2012年1Qのフラッシュメモリ市場シェアを発表しました

データによると1Qのフラッシュメモリ市場は1.2%のマイナス成長となり各メーカーとも軒並み減少となりましたが、その中でも東芝は2ケタ成長を遂げたようです。


東芝は2012年1Qに17億ドルの売上を記録し、2011年4Qの売上14.3億ドル、から19%の売上増になったとしています。
これは東日本大震災の影響による減産からの復活を意味しており、市場シェアも28%から34%になったとしています。

ちなみに1位はサムスンで18.6億ドルの売上で37%のシェアを記録しています。

nandshare201201.jpg

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply