-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

galaxy0301.png

5月上旬に発表されるかもしれない次機GalaxySですが、バッテリー効率改善のために有機ELディスプレイに緑色燐光素子を採用するそうです。

OLEDAssociationによるとサムスンはバッテリー時間を改善するため次機Galaxyに搭載されるSuper AMOLED HD Plusディスプレイに緑色燐光素子を搭載すると伝えています。

現状のAMOLEDとLCDを比較した際のデメリットして電力消費が指摘されていますが、これはAMOLEDでホワイトを表示する時、消費電力が増大することが原因とされています。

そこでサムスンはSuper AMOLED HDのピクセルに緑色燐光素子を採用することで白を表示するときの消費電力の大幅な改善に成功したとしています。


(○´・д・)ノよくわからんが今度は緑がかったディスプレイになるかもしれない
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。