MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

ソニー、次世代ディスプレイ(OLED、IGZO)開発で台湾AUOと提携か?



sonyauo.jpg

シャープと台湾フォックスコンの提携が発表されましたが
今度はソニーが台湾AUOと次世代ディスプレイ開発で提携をするかもしれません。

台湾紙によると台湾の液晶パネルメーカーAUO(友達光電)が、ソニーからエンジニアを招集したと報じています。


関係者の話によるとAUOの第6世代工場「L6B」にソニーのエンジニアが派遣されているとのこと。


ソニーAUOは大型有機EL(OLED)ディスプレイや酸化物半導体IGZO(InGaZnOx)など次世代液晶ディスプレイ技術を共同開発に乗り出しているとしています。


両者は次世代ディスプレイの技術開発後、AUOの第8世代工場に技術を導入し量産を開始するとみられると報じられています。


(○´・д・)ノムフー、色々動いてますなぁー。ソニーのシャープ堺への追加出資見送りもコレと関係あるかもなぁ。
まあ残念ながら今の日本の現状で日本企業がディスプレイで生き残るのはコレが正しいヨ。
一番のベストは日本のディスプレイメーカーすべて合弁して海外に工場作ることだけど。

あと残ってるのは有機ELを計画しているパナソニックかぁ。パナソニックもなんかしそうな流れっていうか、なんかしないとすでに無理状態。

ジャパンディスプレイはすでに存在感が空気だなぁ

関連記事

カテゴリー:SonyEricsson
テーマ:携帯&モバイル関連ニュース  ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。