MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

アップル、次世代iPhone向けinCell(インセル)技術ディスプレイ開発で東芝モバイルディスプレイとパートナーシップを締結。



iphone4s05.jpg

iPhone5はさらに薄くなるかもしれません。

JefferiesのアナリストPeter Misek氏によると、次世代iPhoneは高度なディスプレイ技術を採用するため厚さが更に薄くなると述べているようです。


Peter Misek氏によると、アップルiPhone5もしくはそれ以降のiPhoneinCell技術を採用するため東芝モバイルディスプレイとパートナーシップを締結したと述べました。

Peter MisekはまだinCell技術採用は会議段階だが、もし採用されれば部品点数の少ないOLEDに匹敵する薄さを可能にし厚さ7mm台も可能になるとしています。


inCell技術ディスプレイ搭載のiPhoneはより薄くなるだけでなく、より反応的になるだろうと伝えています。



(○´・д・)ノ東芝は2011年5月にinCell技術採用のディスプレイを発表しています。

また過去にアップルは東芝にディスプレイ開発で出資しているなんて報道もありました。

情報がつながってるねぇ
関連記事

カテゴリー:Apple
テーマ:携帯&モバイル関連ニュース  ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。