MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

アップルの音声認識サービスSiri訴えられる



siri01.jpg

WSJによると、米国のiPhone4Sユーザーが虚偽広告の疑いで、アップルをカリフォルニア州連邦裁判所に告訴したと報じています。


WSJによると告訴したのはニューヨーク在住のFrank Fazio氏で、彼によると

アップルのTV広告ではiPhone4Sでレストランを検索して、予約して、レストランまでナビすることがSiriの助けを借りて驚くほど簡単になるとしているが、実際の動作は全く逆だ!!
と主張しているようです。


Frank Fazio氏曰く、ナビを命令したりお店を探す時、Siriが質問を理解しなかったり長い待ち時間の後に間違った回答をすると主張しているとのこと。

アップルの広報担当者はこの訴訟についてコメントを拒否しているとしています。

関連記事

カテゴリー:Apple
テーマ:携帯&モバイル関連ニュース  ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。