MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

台湾、政府主導でAMOLED(有機EL)企業連合を作る?



xel24[1]

台湾がサムスン電子に対抗するためAMOLED有機EL企業連合を作る計画のようです。


台湾経済省主導で今年末から来年初めを目標に設立する計画とのこと。

組織にはAUOITRIAcerAsus、 HTC、MediaTek、奇美電子などの台湾のディスプレイメーカーとデバイスメーカーから構成されるとしています。



経済省は有機ELディスプレイの歩留まりを高めるために、ITRI(工業技術研究院)と有力AMOLEDサプライヤーに3億ドルの投資を計画しているようです。


情報筋によると、HTCとAsusAUOに設備と人材を集めており、AUOは3月末までに業界の統合計画を立案するとしています。
また奇美電子は政府の補助を受けるため独自のAMOLED計画を提出するとしています。


現在、AMOLED最大の供給メーカーはサムスン電子であり、HTCや他の台湾メーカーはライバル企業であるサムスンから主要パーツを供給されている状態にあります、その現実を危惧したHTCや台湾メーカーは政府に援助を求めたそうです。

経済部当局はスマートフォンやタブレット、テレビなどで台湾メーカーが国際市場で生き残るにはAMOLEDに共同で作業する必要があると述べているそうです。


関連記事:2011年AMOLED(有機EL)シェア、サムスンが99.70%を占める | MoCell


(○´・д・)ノ一方日本は政府主導で液晶連合を作った…
うん、すごいね具体的な計画まで立ててそう。日本でも研究やって成果も出てるけどけど量産の決断ができないトップ連中のせいでうまく生かされてないって聞きます。
関連記事

カテゴリー:Technology
テーマ:携帯&モバイル関連ニュース  ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。