-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cu3a65V2bia6pe8k7uNgi68io1_500[1]

君、血液型なに型?私ランジェレイス型。俺ジュニア型。
なんて会話する日が来るかもしれません。
米サイエンスデイリーが
ベルモント大学Bryan Ballif博士らの研究チームが珍しい血液型ランジョレイスLangereis)型と ジュニア(Junio​​r)型を構成する新たなタンパク質を発見したと報じています。


研究によるとABCB6とABCG2という2つのタンパク質がそれぞれの血液型を決定していることが分かったとしています。

これにより血液型を決定するタンパク質は30から32に増えるとしています。


Langereis型とJunior型の血液を持つ人は珍しいとしていますが、日本人やヨーロッパの一部地域では頻発しており、
特にJunior型を持つ日本人は5万人以上存在すると考えられ、それらの人々への安易な輸血は合併症を引き起こす原因となるとしています。

Blood mystery solved: Two new blood types identified

(○´・д・)ノちなみにO型は正確にはゼロ型らしいです。
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。