MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

サムスン、有機elTVに白色OLED(WOLED)方式導入か



samsung-oled_big[1]


サムスン電子が開発中の有機el(OLED)TVに白色OLED(WOLED)方式を採用する可能性が出てきました。


韓国メディアによるとサムスン電子の関係者が「サムスン電子が年内に"ホワイトOLED(WOLED)"方式のパネルを大型TVに適用する計画」とし一部の機器メーカーと設備関連の発注スケジュールを協議中であることを明らかにしたと報じています。

WOLED方式はLG電子がCESで発表した有機elTVに採用した方式で、サムスン電子は素子がRGBに発光するRGBサブピクセルを採用した有機elTVをCESで発表していました。

RGBサブピクセル方式はWOLED+カラーフィルタ方式より画質が優れているなどの特徴がありますが、WOLED方式は液晶パネルの設備を転用できるなどRGBサブピクセル方式と比べて生産効率や低価格などのメリットがあると言われています。

(○´・д・)ノ噂レベルの情報ですけど、この方針転換は正しいと思う。

消費者にとっては有機elっていう液晶より優れた技術を採用しているっていうイメージが大切であって実際の細かい方式は関係ないし、なにより大切なのは価格。いくら方式が異なり画質が優れてるといっても同じ有機elなら価格が安いほうが数多く売れる。

有機elに関して最悪なのは日本メーカーの置かれた状況、日本のメーカーは高価格に充填を置くようになってきている、そこに有機elがぶつかってくる。おそらく有機el発売当初は評論家たちからコントラストが優れているが画質はうんぬんかんぬんなんて評価されるが、サムスンLGはいかに有機elが液晶より優れている新しい方式かを猛プッシュしてくるだろう。
これはサムスンがLEDのバックライト採用したTVを全く新しい方式のLED TVというイメージで高価格で販売したのと同じパターン。高価格対の日本メーカーの商品は液晶を採用してる限り、有機elに勝てなくなるでしょう。

おそらく日本のメーカーはより優れたの物をって考えでRGB素子の有機elパネルを開発してるのかもしれませんが、いざ発売でてきたとして評論家の評価が高くても、低価格の有機elにはシェアで勝てず、対抗するために有機elを外部調達、最終的にパネル市場で大赤字で外部依存するしか無いという液晶と同じパターンになってしまうでしょう。

市場を分析して思い切った方向転換、日本メーカーでこのような決断が出来る人はいるのでしょうか。

日本メーカーの有機elに関する噂だと、パナソニックが第2四半期に8.5世代のパイロットラインを稼働させるなんて噂がありさらにそこに某日本メーカーも参加するなんて噂があります。
関連記事

カテゴリー:SAMSUNG
テーマ:ニュース  ジャンル:ニュース

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。