MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

男ヤバす、Wi-Fiが精子に運動低下やDNA損傷など悪影響することが明らかに



wifi01.jpg

スマフォやノートPCなどで使われる無線LAN(Wi-Fi)が精子に悪影響を与える可能性があるという研究結果が出たそうです。

イギリスのデイリーメールによると、アルゼンチンとアメリカの共同研究社は医学雑誌Fertility and Sterility(生殖と不妊)最新号でWi-Fi精子の動きを鈍化させ、深刻な損傷を与える現象を発見したと発表したとのこと。

研究は26~45歳の男性29人の精液をWi-Fi接続したノートPCの横に置いて観察。その結果健全な男性の精子の25%が動きを止め9%はDNAに損傷を受けたとしています。

近年ノートパソコンの熱が精子を損傷させるという研究結果が出ていますが研究者はこの現象はノートパソコンの熱による影響ではないとしながらも「過度な心配は禁物」とし「詳細な調査が必要だ」と述べたそうです。

Use of laptop computers connected to internet through Wi-Fi decreases human sperm motility and increases sperm DNA fragmentation

(○´・д・)ノ膝の上にノートPCおいてWiFi接続してたら影響大かぁ
関連記事

カテゴリー:Technology
テーマ:携帯&モバイル関連ニュース  ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。