brin01.jpg


海中に伸びる氷柱、海のつららことBrinicleが世界で初めて撮影されたらしいです。

撮影したの英BBC、南極Little Razorback Islandの海中で撮影されたそうです。
1960年代に初めて知られた海のつららは高密度の海水を意味するbrineとつららのicicleを合わせてBrinicleと呼ばれています。

Brinicleはicicle of death(死のつらら)と呼ばれ、通常の海水より密度が高く大気のつららより非常に速い速度で成長し、つららに触れた生き物は凍りついてしまうそうです。

映像中でも海底まで伸びたつららに触れたヒトデが動かなくなる様子がわかります。

BBCの撮影班は零下2度の海中で5,6時間耐えて撮影したとのことです。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply