lumia80001.jpg

ノキアが社運をかけているWindowsPhone7.5搭載スマートフォン「Lumia
ノキアは言語に精通する専門家に200余りの候補名を評価しもらい最終的に「Lumia」ブランドに決定したそうです。

彼らが検査したのは名称にマイナスの意味があるのかと、名称を安易に発音できるのかを検査したとのこと、検査の中で幾つかの国ではJ、R、Vの発音がしにくいのを指摘し更にポーランドの言語にはQの母音が無いことを指摘したそうです。
さらに彼らはa,e,i,o,uでで終わる名称が発音しやすいことを発見し、最終的に「Lumia」というブランド名が決定したとのことです。

そんな数々の検査を受けて決定した「Lumia」という言葉の意味ですが、
ノキア本社があるフィンランドではLumiは”雪”を意味しLumiaは”雪”の複数形を意味しているそうです。Lumiaの意味する雪は結晶体で、Lumiaというブランドには自然の力強さと開発者の努力の結晶という意味が込められているそうです。

とまあなんかカッコいいエピソードですがLumiaが発表された時、スペインの古い言葉でLumiaが売春婦を意味すると指摘されたようですが、ノキアはこの件に関してすでに調査を行なっておりスペイン顧客の60パーセントはLumiaは良い名称だと感じるとのアンケート結果を得ているとのことです。

ノキアは今後発売されるWP端末には全て「Lumia」ブランドになるとしています。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply