ain01.jpg

質量を持った物体は決して高速を超えることができないというのアルベルト・アインシュタインの特殊相対性理論ですが、このたび相対性理論を覆すかもしれない光速を超える物質が確認されたようです。

スイスの欧州原子核研究機構(CERN)の研究グループは23日、素粒子ニュートリノを光速より速く移動させる実験に成功したと発表しました。

CERNの研究者によると、ジュネーブ近くの粒子加速器で、730Km離れたイタリ、グランサッソ国立研究所にニュートリノ1万6千個を飛ばしたところ光よりも60ナノ秒(1億分の6秒)速いことが計測されたとしています。

CERNは研究の結果をさらに慎重に調査をすすめるために外国の科学者たちに検証を要望したとしています。

物理:光より速いニュートリノ? 相対性理論覆す発見か - 毎日jp(毎日新聞)
[1109.4897] Measurement of the neutrino velocity with the OPERA detector in the CNGS beam

(○´・д・)ノついにCERNがタイムマシンにつながる一歩を踏み出したのかぁ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply