MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

東芝、裸眼3D対応でフルHD4倍の解像度(3840x2160)を持つ液晶テレビ55ZL2Gを12月発売



zl201.jpg

テレビの話です。日本では買い替え需要も一段落したテレビの話です。

IFA2011で東芝裸眼3D対応、QuadFullHDパネル搭載の液晶テレビ55ZL2Gを発表しました。
55ZL2Gは55インチの液晶テレビでフルHDとよばれる1920x1080ピクセルを縦横2倍で計4倍上回る3840x2160ピクセルのQuadFullHDパネルを搭載した液晶テレビになります

さらに裸眼3Dに対応。裸眼3Dの特性上解像度は低下しますが縦横2倍の解像度を誇るQuadFullHDパネルのおかげで1920x1080ピクセルのフルHDクラスの映像を裸眼で視聴できることになると思われます。

映像エンジンにはCELLをベースにした「CEVO ENGINE」を搭載、クラウドサービス「Toshiba Places」やUSB録画機能などを備えるとのこと。

ヨーロッパでの発売時期は今年の12月、お値段は7999ユーロ(87万円)となっています。

Toshiba Europe GmbH - 55ZL2G - großformatiger TV für 3D ohne Brille

(○´・д・)ノうお、フルHD超えとか裸眼3DでフルHDとかまだまだ先のことだと思ってたけど今年中に実現するのか
関連記事

カテゴリー:Toshiba
テーマ:携帯&モバイル関連ニュース  ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

  ⇒

”裸眼3DでフルHD”というのは違う。9視野なので、4倍の画素数を持っていてもフルHDの半分程度ということだ。

  • |2011.09.05
  • |Mon
  • |13:10
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。