MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

来年発売されるBlackBerryはAndroid互換性を持ちAndroidアプリが使用可能になる



rimlogo.jpg

RIMのスマートフォンBlackBerryAndroidアプリが使用可能になるようです
Bloombergが報じるところによると
RIMは来年初旬に発売予定のBlackBerryから、Androidアプリに対応させる計画だと消息筋の情報として伝えています。来年から発売されるBlackBerryにはRIMが買収した新しいOS「QNX」を搭載する製品になる。

RIMBlackBerryのタブレットPC「PlayBook」にAndroidアプリを使えるようにする技術を搭載すると発言したことはありますが、QNX搭載スマートフォンに対して同様の技術を搭載するかは明らかにしていませんでした。

消息筋の一人は「新しいスマートフォンに搭載されるAndroidアプリプレイヤーは「PlayBook」に入るものと同様」とし「スマートフォン端末のサイズと解像度に合わせて少しずつ変化させるだろう」とコメントしているようです。

BlackBerrys Said to Get Android Apps as RIM Seeks Sales Boost - Bloomberg

(○´・д・)ノなるほど独自OSのこうした生き残り方もあるんですねぇ
ブラックベリーの評価されている点に強固なセキュリティーがあるのでオープンソースのAndroidベースのブラックベリーが発売できないのもわかります
Androidアプリプレイヤーでセキュリティを確保しつつアプリ不足を解消するという計画なんでしょうねぇ
関連記事

カテゴリー:RIM
テーマ:携帯&モバイル関連ニュース  ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。