MoCell

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

オランダハーグ地方裁判所、サムスン電子スマートフォンGalaxyシリーズを販売差止め命令



galaxys11.jpg

サムスン電子のスマートフォンギャラクシーシリーズがヨーロッパでの販売が禁止されるようです。
FOSS Patentsが伝えるところによると、
オランダのハーグ地方裁判所がサムスン電子を相手取って起こしたアップルの販売禁止仮処分申請を24日付で受け入れたと伝えています。

スマートフォン販売差止め命令は10月13日から発行され、今回の決定で「GalaxyS」「GalaxyS2」「GalaxyAce」の3機種の販売が禁止になるようです。

また裁判所はサムスン電子のタブレットPC「GalaxyTab」の販売禁止仮処分申請は破棄したそうです。
裁判所は、アップルが提訴した特許侵害の疑い10件のうち1件だけを認めているそうです。

FOSS Patents: Dutch court orders formally Europe-wide preliminary injunction against Samsung Galaxy smartphones

サムスン電子はこの仮処分決定に対し自社の立場をブログで以下のようにコメントしています。
--------
8月24日、オランダのハーグ裁判所はアップルが6月23日に起した仮処分の訴訟について、
サムスンは、ギャラクシーS、ギャラクシーS2等の設計と意匠等9件は侵害しておらず、
携帯電話一部の品目のPhoto Flicking1件のみを侵害したという判決を出しました。

これは、懸案となっているデザイン侵害の主張が妥当性がないとの判決であり、
著作権についても同様の決定をしたものです。
特に、ギャラクシータブ10.1については全く侵害しないという判決です。

裁判所が指摘した技術の1件についてもただちに法的対応に出る予定です。
--------

(○´・д・)ノ読んだ限りソフトの問題が指摘されているのでプログラムの更新とかで回避しそうですねぇ
関連記事

カテゴリー:SAMSUNG
テーマ:携帯&モバイル関連ニュース  ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。